「諦めきれないニキビ跡」におすすめの洗顔ランキング!厳選した5種類と、効果的な洗い方のポイントを徹底解説

この記事のレビュー:

0
0.0 rating
(0票)

「ニキビ跡におすすめの洗顔を知りたい!」
「人気の洗顔を使っても、あまり効果を感じない……」
「ニキビ跡に効果的な洗顔方法を知りたい!」

しっかりケアしているはずなのに、なかなか治らないニキビ跡。キレイに治すためにはどんな洗顔を使えば良いのか気になりますよね。

ニキビ跡を治すためには、どんな洗顔を使えばいいの??
皮脂や汚れを、すっきりと洗い流せる洗顔を選びましょう!

ニキビ跡をケアする時の洗顔において重要なのは、

  • 皮脂や汚れをしっかりと荒い流す
  • 肌をしっかりと保湿する

という2点です。

ただしここで注意が必要なのは「洗顔では肌の保湿できない」ということです

ニキビ跡ケアのためには保湿力のある洗顔が大切と解説しているサイトもありますが、筆者としては洗顔での保湿はおすすめしていません。

うるおい洗顔で洗い流したあとは、確かに肌がしっとりしているように感じますよね。

でも実はこれは水分によって潤っているのではなく、洗顔料に含まれている油分によって、「肌が潤っているように感じているだけ」なのです

さらに洗顔料に保湿成分が含まれているものも販売されていますが、その大半は洗い流す際に一緒に流れ落ちてしまいます

あくまでも洗顔は皮脂や汚れを落とすことを重視して、保湿は化粧水や美容液で行いましょう

この記事では、ニキビ跡ケアにおすすめの洗顔の紹介、洗顔の選び方、洗顔の効果的な使い方、洗顔では足りない水分を肌に与える方法を解説していきます。

Yukiプロフィール画像
この記事の執筆者:Tsurumi Yuki
美容ブロガー。正しい美容知識を、どこよりも分かりやすく説明することを意識して執筆しています。

ニキビ跡におすすめの洗顔ランキング

記事の冒頭でもお伝えしたように、ニキビ跡をケアするには「余分な皮脂や汚れをしっかりと落とすこと」が大切です

とはいえ洗浄力が強くて肌に刺激を与えてしまうのは避けたいですよね。

ここでは肌に優しく、余分な皮脂や汚れをすっきりと洗い流してくれる洗顔を紹介していきます。

保湿は洗顔ではなく、化粧水や美容液で行いましょう!

1位 ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュは、「モンモリロナイト」という海底で採れた天然の泥を配合した洗顔です。

モンモリロナイトはマイナスイオンを帯びているため、電子のチカラで肌表面の汚れを吸着。従来の洗顔のように肌を擦る必要がないため、ニキビの後のダメージに優しいのです

単品購入も可能ですが、まずはトライアルセットを使ってみるのがおすすめです。

トライアルセットには、

  • ビタミンC誘導体配合の化粧水
  • ピュアビタミンC配合の美容液

などが含まれていて、ニキビの後に最適なアイテムが一通り揃えられます♪

単品購入は4,212円(税込)ですが、トライアルセットなら1,800円(税抜)というプチプラで購入できるのも嬉しいポイントですね。

2位 くろあわわ

「くろあわわ」は3種類の泥と炭のチカラで、毛穴の奥の汚れをすっきりと洗い流してくれる洗顔です

沖縄産マリンシルト・国産ベントナイト・国産タナクラクレイという3種類の泥と、泥炭・ヤシガラ活性炭が含まれていて、肌の汚れや皮脂をしっかりと吸着してくれます。

さらに今なら、洗顔後の肌を拭き取るための「ソフトタッチシート」がセットになっています。

タオルでゴシゴシと肌を擦るのは、思っている以上に肌への負担になり、ニキビ跡を悪化させてしまうこともあります

ソフトタッチシートであれば優しく肌を拭き取れるため、肌への負担も少なくなります。

通常価格は2,480円ですが、定期コースなら1,980円で購入可能です。

3位 パパウォッシュ

パパウォッシュは天然の植物酵素を配合した、パウダータイプの洗顔料です。

パパイヤから採れるパパイン酵素を含んでいて、毛穴の奥の汚れや古い角質をすっきり洗い流してくれます。

さらにパパイン酵素は肌にも優しい成分なので、毎日の使用でも安心です。

ニキビの後のケアだけでなく、ニキビ予防にもおすすめの洗顔料です。

4位 サンソリット スキンピールバー

サンソリット「スキンピールバー」は、マイルドピーリング効果のある石鹸です。

AHA()が含まれていることで、肌の古い角質を優しく除去してくれます。

従来のピーリングは肌への刺激が強いため頻繁に行うことはできませんが、AHAによるマイルドピーリングは刺激が少なく、毎日使えるのが嬉しいですね。

またニキビケアだけでなく、敏感肌向けや乾燥肌向けなど、自身の肌質に合わせて豊富な種類があるのも嬉しいポイントです。

見た目もおしゃれでカワイイので、毎日の洗顔が楽しくなります!

5位 AHA クレンジングリサーチソープ

4位で紹介したスキンピールバーと同様に、AHAが配合された固形石鹸です。

古い角質を除去することによって、肌本来がもっている「生まれ変わろうとするチカラ」を引き出してくれます。

ニキビケアだけでなく、毛穴の黒ずみ対策にもおすすめの洗顔です。

ニキビ跡ケア洗顔の選び方

ここまでおすすめのニキビ跡ケア洗顔を紹介してきましたが、「選び方のポイントについても知りたい!」という方もいますよね。

そこでここからは「ニキビ跡ケアに最適な洗顔」の選び方のポイントを解説していきます。

洗顔の選び方のポイントは、下記の3つです!
  • 汚れをしっかりと落とせるものを選ぶ
  • 刺激の少ない洗顔を選ぶ
  • うるおい洗顔は避ける
  • マイルドピーリング効果がある洗顔もオススメ

それぞれ解説していきますね。

汚れをしっかりと落とせるものが良い

ニキビ跡をケアする際にもっとも重要なのは、「汚れをしっかりと落とせる洗顔を選ぶ」ということです。

肌に余分な皮脂や汚れが残っていると、ニキビ跡が悪化する可能性があるだけでなく、新しいニキビが出来る原因にもなってしまいます。

ニキビ跡をキレイにしたいのはもちろんですし、新しいニキビが出来ることも防ぎたいですよね。

ただし次に紹介しますが、「洗浄力が強いだけの洗顔」を選ぶのは避けましょう。

洗浄力が強い洗顔は肌への刺激も強く、これもニキビ跡を悪化させる原因になってしまうのです。

え、じゃあどうすればいいの…??
筆者のおすすめはクレイタイプの洗顔料です!

クレイタイプの洗顔は海底から採取した泥や、火山灰などを使用して作られています。

これらの成分は高い洗浄力と、肌への優しさを両立しているため、ニキビ跡のケアに最適です。

肌への刺激が少ない洗顔を選ぶ

ニキビ跡のケアをするには、肌への刺激の強い洗顔料は使わないようにしましょう

具体的にはエタノールやアルコール成分、界面活性剤などが含まれている洗顔料は避けましょう。

これら刺激の強い成分は、ニキビ跡を悪化させる原因になってしまうのです

さらに肌のバリア機能が低下することによって肌荒れを引き起こしたり、新しいニキビが出来やすくなってしまったりと、良いことがありません。

アルコールフリーなど、肌に優しい洗顔料が多く販売されていますので、必ず刺激の少ない洗顔を選んでくださいね。

スクラブ入りの洗顔も肌に刺激を与える原因になるので、おすすめしません。

うるおい洗顔は避けよう

ニキビ跡をケアする洗顔に関する情報のひとつに「保湿成分を含んだ洗顔を選ぶ」いうものがあります。

確かにニキビ跡の改善や、ニキビ予防には保湿が必要です。

ですが筆者としては、このようなうるおい洗顔はおすすめしていません

うるおい洗顔を使うと確かに、洗い上がりがしっとりと潤っているように感じますよね。

でもそれは肌が水分を保って潤っているのではなく、洗顔に含まれている油分によって「潤っているように感じているだけ」なのです。

さらにセラミドなど保湿成分を含んでいる洗顔料も販売されていますが、洗顔に含まれる保湿成分はほとんどが洗い流されてしまい、肌には残りません。

肌を本当に保湿するためには、セラミドや水添レシチンなどの保湿成分を、化粧水や美容液で与えてあげる必要があります。

マイルドピーリング効果のある石鹸もおすすめ

AHAなど、マイルドピーリング効果のある洗顔料もニキビ跡ケアにはおすすめです

マイルドピーリングは肌のターンオーバーを促進して、肌本来が持っている生まれ変わろうとするチカラを呼び起こしてくれます。

ピーリングは赤みタイプ・色素沈着タイプ・クレータータイプなど、様々なタイプのニキビ跡に効果的なので、ぜひ利用しましょう。

ただしマイルドピーリングとは言っても、肌にピリピリとした刺激を感じてしまう場合もあります。

実際に使ってみて肌に刺激を感じるようなら、使用を控えるか、週に2回など回数を決めて使いましょう。

ニキビ跡ケア洗顔の効果的な使い方

ここからはニキビ跡をケアするための洗顔料の「効果的な使い方」を解説していきます。

どれだけ良い洗顔でも、間違った使い方をしてしまっていては効果も半減してしまいます。

正しい洗顔方法を理解して、しっかりとニキビ跡をケアしていきましょう。

ニキビ跡は赤いうちにケアをしよう

赤みタイプのニキビ跡で悩んでいる方は多くいますが、赤みが出ている時こそ早めのケアをしましょう。

ニキビ跡が赤みを帯びているということは、肌が細胞を修復しようとしている証拠です。

この段階でピーリングや、ビタミンC誘導体を使ったケアをしてあげることで、早めに改善させられるのです。

赤みが引いて色素沈着してしまったり、クレーターの様に凹んでしまっている状態になると、肌が細胞を修復するのを止めてしまっている状態になり、治るまでの期間が長くなってしまいます。

洗顔はしっかりと泡立てて、優しく洗い流す

洗顔のポイントは洗顔料をしっかりと泡立てて、卵を持つような優しい力加減で洗うということです。

泡立てをしっかりと行わないと、肌に摩擦を与えてしまいニキビ跡を悪化させる原因にもなってしまいます。

洗顔料はたっぷりの泡で、優しく洗い流しましょう。

また洗い流す際にはぬるま湯を使って、すすぎ残しのないように手早く洗いましょう。

洗い始めから1分前後くらいに収めることで、肌への負担を軽減できます。

肌への刺激が少なく、余分な汚れを吸着して洗い流せるクレイタイプの洗顔もおすすめです。

マッサージはNG。力を入れず、優しく洗い流す

洗顔時のよくある間違いとして、ニキビ跡をマッサージするように擦ってしまうことが挙げられます。

ニキビ跡を早くキレイにしたいと思って、くるくるとマッサージするように洗ってみたり、ゴシゴシと擦るようにして洗ったり。気持ちはすごく分かるのですが、これは絶対にしてはいけない洗顔方法です。

肌に強い刺激を与えることで、ニキビ跡が悪化してしまう可能性もありますし、必要以上に刺激を与えていると炎症性色素沈着というタイプのシミになってしまう場合もあります。

ニキビ跡をキレイにしようとして洗顔をしているのに、それが原因で新しいシミを作ってしまう…なんてことは避けたいですよね。

あくまでも洗顔は優しく、包み込むように洗うということを忘れないでおきましょう。

洗顔だけでは足りない成分を化粧水や美容液で補う

洗顔の選び方の章でも解説したように、ニキビ跡の改善には保湿が重要ですが、うるおい洗顔では本当の保湿はできません。

「保湿をしたつもり」から抜け出すためには、保湿成分を含んだ化粧水や美容液を使いましょう。

保湿成分には多くの種類がありますが、筆者がもっともおすすめできるのは「セラミド」が配合された化粧品です。

よく目にする保湿成分としてはヒアルロン酸やコラーゲンが挙げられますが、セラミドはさらに保湿力が高い成分です。

セラミドが作る「ラメラ構造」によって挟み込まれた水分は、湿度が0%の環境でも蒸発することはなくなります。

ビタミンC誘導体が含まれた化粧品もおすすめ

化粧水を選ぶ際には「ビタミンC誘導体」が含まれているかどうかもポイントです。

ビタミンC誘導体にはシミやそばかすを防ぐ美白効果があり、ニキビ跡の色素沈着予防に効果があります。

また皮脂を抑制する効果もあるため、ニキビ自体を予防にもおすすめです。

関連記事ニキビ跡の改善にはビタミンC誘導体が効果的!おすすめ化粧水・美容液を紹介

ニキビを予防する方法

ニキビができること自体を予防するには、

  • 洗顔でしっかりと皮脂や汚れを洗い流す
  • セラミドなど保湿成分を含んだ化粧品で潤いを補う
  • ビタミンC誘導体で皮脂を抑制する
  • 毎日6時間以上の睡眠をとる

などが大切です。

特に4つ目に記載した「6時間以上の睡眠」はニキビ予防では、特に重要です。

徹底したスキンケアのために夜更かしをしてしまう…というようなくらいなら、スキンケアは最低限にして、睡眠を優先したほうが効果的です。

まとめ

この記事ではニキビ跡におすすめの洗顔と、効果的な使い方のポイントを解説してきました。

ニキビ跡をケアする上でもっとも大切なことは、

  • 皮脂や汚れをすっきりを洗い流せる洗顔を使う
  • うるおい洗顔ではなく、化粧水や美容液で保湿をする

という2点です。

ニキビ跡をケアするには時間がかかりますが、少しずつ実践して美しい肌を作っていきましょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする