もう迷わない!オールインワンジェルのおすすめを肌タイプ別に徹底解説

 

この記事のレビュー:

0
0.0 rating
(0票)

オールインワンジェルを買おうと思って検索してみると、すごくたくさんの種類の商品が出てきます。

でも、その中からオールインワンジェルを購入しようと思っても、

「種類がたくさんあって、どれを選べば良いか分からない……」
「敏感肌でも使えるオールインワンジェルはあるの?」
「オールインワンジェルだけで、本当に肌のケアはできるの?」

など、頭の中にたくさんのハテナが浮かんでしまいますよね。

オールインワンジェルは、それ1つで化粧水や美容液、乳液などの役割も果たしてくれるとても便利なアイテムです。

あまりに便利なので、「オールインワンジェルを使っておけばOK!」と考えてしまいがちですが、実は、自分の肌にあったオールインワンジェルを正しく選んでいないと、かえって肌トラブルを招いてしまう可能性もあるんです

少しでもケアを楽にしたい…と思ってオールインワンジェルを使っているはずなのに、肌トラブルを起こしてしまっては意味がなくなっちゃいますよね。

自分にぴったりのオールインワンジェルを選ぶには、まず自身の肌タイプを理解する必要があります
そして、自身の肌タイプの悩みに合わせて、効果の高い成分が含まれているオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

この記事では、自分の肌タイプのチェック方法と、肌タイプに合わせたおすすめのオールインワンジェル、オールインワンジェルの効果をより高めるポイントなどについて解説します。

間違ったオールインワンジェルの選び方

オールインワンジェルを選ぶ時は、自分の肌タイプに合ったものを選ぶことが大切になります。
ですが、自分の肌タイプが正しく理解できていないことが理由で、自分の肌に合わないものを選んでしまっている人もとても多いんです。

例えば、自分は脂っぽい肌だからといってサッパリするタイプのオールインワンジェルを選べば良いというものではありません。
脂っぽい肌になってしまうのは肌が乾燥していることが理由の場合も多いため、ここでサッパリするタイプのオールインワンジェルを使うと、肌が更に乾燥することになってしまいます。

その結果、更に脂が分泌されてしまう…ということになってしまい悪循環に陥ってしまうんです。

ですので、オールインワンジェルを選ぶ時は自分の肌タイプに正しく合うものを選ぶという事を覚えておきましょう。

あなたの肌タイプは?オールインワンジェル選びのための肌タイプチェック!

ここではあなたの肌にぴったりなオールインワンジェルを見つけるために、まずあなた自身の肌タイプをチェックしていきましょう。

肌タイプの診断には「セルビック」が提供している診断チャートが便利です。

引用元:https://www.cellbic.net/skinchart

自身の肌タイプに合ったオールインワンジェルを選ぶことが大切になるので、ここでチェックした肌タイプは忘れないようにして下さいね。

肌タイプ別のおすすめオールインワンジェル

乾燥肌には「バランシングゲル」がおすすめ

https://www.natural-elements.jp/cp1607g/

保湿成分「セラミド」が重要!

肌の乾燥を防ぐためには、水分だけでなく「保湿成分」を与えてあげる必要があります。
バランシングゲルには、保湿成分である「セラミド」が豊富に含まれています。

セラミドについては、下記の記事で詳しく解説しています。
保湿しても乾燥する肌にはセラミドが有効!おすすめ化粧水・美容液ランキング

ヒアルロン酸をサポートする「プロテオグリカン」

肌のハリを保つためにヒアルロン酸が重要になることは有名ですよね。
バランシングゲルにももちろんヒアルロン酸が含まれていますが、ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す事をサポートする効果をもつ「プロテオグリカン」という成分が含まれています。

さらにプロテオグリカンは保湿力もとても高く、ヒアルロン酸以上とも言われています。

6種類以上の美容成分

弾力のある若々しい肌をキープするために重要になるのがコラーゲンです。
バランシングゲルには、このコラーゲンをサポートする成分も豊富に含まれています。

具体的には下記の成分が含まれています。

・ビワ葉エキス
・ウンシュウミカン果皮エキス
・3重らせんコラーゲン
・シャクヤク根エキス
・セイヨウオオバコ種子エキス
・ダイズ種子エキス

これらの成分がコラーゲンをサポートすることで、よりハリのある肌に導いてくれます。

敏感肌には「AJモイスチャーゲルクリーム」がおすすめ


http://all-j.jp/product/index-2.html

界面活性剤や香料などの成分が含まれていない

敏感肌の方は下記のような成分には注意が必要です。
これらの成分が含まれていると、肌が過敏に反応してしまい、肌荒れに繋がってしまうことがあります。

・界面活性剤
・着色料
・香料
・アルコール
・パラベン

AJモイスチャーゲルクリームは、このような刺激になる可能性がある成分が含まれていないので、乾燥肌の方でも安心して使用できます。

セラミドが豊富なものもGood

乾燥肌の方に向けたオールインワンジェルの章にも出てきた「セラミド」ですが、敏感肌の方にとっても有効な成分です。
AJモイスチャーゲルクリームはセラミドも豊富に含まれているため、保湿効果もばっちりです。

脂性肌には「ラシュレ」がおすすめ


http://rasure.jp/lp/

顔のオイリー肌 テカリ・ベタつきケアランキング1位!

ラシュレは、多くのオイリー肌の人から支持されているオールインワンジェルです。
「ナノカプセル化」と言われる独自の技術を使用しており、肌の角層の隅々にまで美容成分を届けてくれます

また含まれている美容成分には、「ビタミンC誘導体」「コラーゲン」「サイプレス」などの毛穴引き締め効果のある成分をはじめ、「トリプルプヒアルロン酸」「プラセンタ」「セラミド」などのアンチエイジング効果のある成分も含まれています。

混合肌には「優艶ゴールドローション」がおすすめ


http://jyunkinbiyoudou.com/

混合肌解決のポイントは保湿力

混合肌は、皮脂が多い部分と乾燥する部分が混在している肌のことをいいます。

肌の場所によって、高保湿の化粧水とサッパリ系を使い分けないといけないのかな……と考えてしまいがちですが、混合肌の解決には実は「保湿力」が最も重要になります。

実は水分が不足している事によって余計な皮脂が分泌され、肌の脂っぽさやテカリにつながるんです。
そのため、混合肌は肌全体をしっかりと保湿することで、若々しい肌を保つことができます。

優艶ゴールドローションには、ヨクイニンエキスやヒアルロン酸、加水分解シルクが含まれていており、高い保湿効果が期待できます。

エイジングケアをしたい

エイジングケアをしたい場合のおすすめは「TBC To’us エステティックジェル」です。

エステでお馴染みのTBCがプロデュースをしているオールインワンジェルで、エステ後のような肌のハリ・つやのある美肌を作り出してくれます。

美肌へのアプローチのヒミツは、「復活の木」と呼ばれるミロタムヌスフラペフォリアの葉と茎エキスと、「復活の草」と呼ばれるハベルレアロドペンシス葉エキスが配合されていることです。

ミロタム…?ハベルレア……??
ちょっと混乱しそうな名前ですよね(笑)。どちらも高い保湿力をもっていて、肌本来のみずみずしさを取り戻してくれる成分です

さらにセラミドやプロテオグリカン、ビタミンB5誘導体など、若々しい肌を保つために必要な成分をギュッと閉じ込められています

しっかりエイジングケアをしたいけど、何種類もの化粧品を使うのは面倒……という方にこそ使って欲しいですね!

\使用後でも30日以内なら、全額返金OK!/

商品ページを見る

オールインワンゲルのメリット・デメリット

ここまでは肌タイプ別のオールインワンジェルのおすすめアイテムを紹介してきました。
でも、そもそもオールインワンジェルを使うことのメリットやデメリットってあるの?という事も気になりますよね。

ここではオールインワンジェルを使うことのメリットやデメリットについて解説します。

メリット

コストが安い

オールインワンジェルの大きなメリットの1つとして、コストが安く済ませられるという点が挙げられます。

例えば、オールインワンジェルを使っていない場合だと、「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」など個別の基礎化粧品を買う必要があるため、どうしてもコストは高くなってしまいがちです。

個別に基礎化粧品を買った場合の例

化粧水  … 2,000円
美容液  … 3,000円
乳液   … 3,000円
クリーム … 3,000円

合計   … 11,000円

それに対して、オールインワンジェルは化粧水や美容液など複数の基礎化粧品の効果が含まれているため、オールインワンジェルを1つ購入するだけで済みます。

仮に購入するオールインワンジェルが5,000円だった場合、上記の個別に基礎化粧品を買う場合と比較すると6,000円も安く購入できます。

時短ケアができる

化粧水や美容液を個別に使用している場合、まず化粧水をつけて、次に美容液を…と何種類もの基礎化粧品を肌につけなくてはいけないため、どうしてもお肌のケアに時間がかかりがちです。

それに対して、オールインワンジェルは美容液や化粧水などの効果が含まれているため、1度のケアで済んでしまいます。
お肌のケアは毎日のことなので、出来るだけ時間をかけずに済ませたいですよね。

デメリット

細かいケアができない

コストが安い、時短ケアが出来るなどとても便利なオールインワンジェルですが、デメリットも存在しています。

その1つとして、「細かいケアができない」という点があります。
例えば、今日は肌の一部分が乾燥しているから、この場所にだけ美容液を塗りたい…というような細かいケアができないんです。

1つで複数の効果が含まれているオールインワンジェルだからこそのデメリットといえますので、こちらは認識しておきましょう。

オールインワンジェルの効果的な使い方

基本的な使い方

オールインワンジェルの使い方のコツは「量を多く使いすぎない」「内側から外側に向けて使う」という2点になり
ます。

オールインワンジェルは量を多く使いすぎるとメイクがよれる原因になってしまいます。
そのため、朝のメイク前に使用する時は少し少なめに使うようにするのがおすすめです。
商品にもよりますが、1度の使用量は500円玉サイズほどを目安にすると良いでしょう。

より効果を高めるには、しっかりと乾かす

顔全体にジェルを広げたあと、指先で軽くパッティングをします。
パッティングをする時は薬指の腹を使うようにすると、力が入りすぎなくて良いです。

全体をパッティングしたあとは、ジェルが乾くまで少し待ちましょう。
ジェルが乾く前にメイクをすると、化粧崩れの原因になってしまいます。

まとめ

オールインワンジェルは非常に便利なアイテムですが、自身の肌タイプにあったものでなければ効果は半減してしまいます。

まずは自分自身の肌タイプをしっかりと理解するところから始めて、若々しい肌を手に入れましょう!

       
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 

オールインワンジェルの関連記事