冬こそ紫外線ケアが必要!シミだけでなくシワ・たるみの原因に

この記事のレビュー:

0
0.0 rating
(0票)
  • 「冬も紫外線対策はした方がいいの?」
  • 「夏と冬で、紫外線の強さに違いはある?」
  • 「夏と同じ紫外線対策でいいの?」

冬も紫外線対策をした方が良いことはなんとなく知ってるけど、日差しも強くないので対策を疎かにしてしまいがちですよね。

でも実は冬こそ、紫外線対策をしっかりとする必要があります。

紫外線対策が必要な理由はいくつかあるのですが、その中の1つとして夏と冬での紫外線の種類の違いが挙げられます。

冬こそ紫外線ケアが必要!シミだけでなくシワ・たるみの原因に

夏の紫外線は日焼けの原因になるのはもちろんですが、
それに対して冬の紫外線はシミ・シワ・たるみの原因にもなってしまうんです。

シミ・シワ・たるみがあると実際の年齢よりも老けて見えてしまうので、冬でも紫外線対策を忘れないようにしましょう。

この記事では、夏と冬の紫外線の違い、冬こそ紫外線対策が必要な理由、冬の紫外線対策の方法についてを解説していきます。

Yukiプロフィール画像
この記事の執筆者:Tsurumi Yuki
美容ブロガー。正しい美容知識を、どこよりも分かりやすく説明することを意識して執筆しています。

冬だからといって安心するのはだめ!寒い時期こそ紫外線対策をしよう

記事の冒頭でも少しお話しましたが、冬でも紫外線対策は必要です。

冬場はすごく乾燥しているので、肌のバリア機能が低下してしまっています。
肌のバリア機能が低下している状態で、紫外線を浴びてしまうとシミが出来やすいんです。

また、次の章で詳しく解説しますが、冬の紫外線を浴びていると、シミだけでなくシワやたるみの原因にもなってしまいます。

夏と冬の紫外線の違い

夏と冬の紫外線の違い

紫外線には実はUVAとUVBの2種類が存在しています。
夏と冬の紫外線の違いは、このUVAとUVBの量にあります。

夏の紫外線を比較すると、冬の紫外線の量はUVAは1/3ほど、UVBで1/4ほどとなります。
夏の紫外線を浴びるとすぐに日焼けしてしまうのは、UVBの量が多いからというわけですね。

UVAとUVB

UVA

UVAは肌の老化の原因となってしまう紫外線です。
じわじわとは肌の奥にある真皮まで到達し、シミやシワ・たるみなどを引き起こします。

また、雲を通り抜けるので、曇りの日でも対策が必要です。

UVB

UVBはエネルギーが強く、日焼けの原因となってしまう紫外線です。
雲やガラスなどである程度は防ぐことができるため、曇りの日ではUVBによるダメージは和らぎます。

冬は紫外線を浴びる時間が長い!

「夏よりも紫外線の量が少ないんだったら、冬は紫外線対策する必要ないんじゃないの?」

と思いますよね。

確かに紫外線の量が少ないので、対策しなくても良いようにも思えます。

ただしここで重要なことが、紫外線を浴びている時間の長さです。

夏と比べると、冬の方が紫外線を浴びている時間が長くなります。
その結果、紫外線の量自体は少なくても、トータルで考えると冬の方が多く紫外線のダメージを蓄積してしまいがちなのです。

例えば街を歩いている時に、
夏であれば、日差しを浴びていると暑いので、すぐに建物や日陰に入りますよね。
それに対して冬は、日差しを浴びている方が温かいので、日の当たる場所を歩きがちです。

そのため、多くの時間、紫外線を浴びることになってしまいます。

また、「冬の紫外線 = 日焼けをしづらい」というイメージがあるので、日焼け止めを疎かにしてしまいがちです。

日焼け止めを塗っていない状態で、夏以上に日の当たる場所を歩いている……と思うと、紫外線ケアが必要なことはイメージしやすいですよね。

冬でも紫外線ケアが必要な理由は分かってもらえたかと思うので、ここからは冬の紫外線ケアの方法について解説していきますね!

冬の紫外線ケアはこれで完璧!シミ・シワ・たるみを予防しよう

冬の紫外線ケアはこれで完璧!シミ・シワ・たるみを予防しよう

ここからは冬の紫外線ケアの方法について説明していきます。

冬の紫外線対策で重要なポイントは、

  • 保湿を徹底してバリア機能を強化する
  • 日焼け止めは、SPFよりPA値をチェック
  • 冬らしいアイテムで、紫外線を防ぐ
  • 食事は抗酸化力のあるものを食べる
  • 規則正しい生活を心がける

という点が挙げられます。

それぞれ説明していきますね。

保湿を徹底してバリア機能を強化する

冬はとても肌が乾燥していますよね。
肌が乾燥しているとバリア機能が弱くなるため、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

そのため紫外線から肌を守るためには、保湿を徹底するということが重要になります。

冬でも潤った肌を手に入れるためには、保湿成分を肌に与えてあげることが大切です。
保湿成分の中では「セラミド」がもっとも保湿力が高いため、セラミドが配合された基礎化粧品を使いましょう。

日焼け止めは、SPFよりPA値をチェック

日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」や「PA」の文字の意味ははっきりと説明できますか?
なんとなく「数値が大きい方が日焼け止め効果が高そう!」という理由で日焼け止めを選んでいる事も多いかと思います。

実は、SPFはUVBから肌を守る力の強さを表していて、PAはUVAから肌を守る力の強さを表しています。

UVAとUVBについてのおさらい

UVA
冬に注意したい紫外線。
肌の真皮(表皮よりも更に深い層)にダメージを与えることで、
シミやシワ、たるみなどの肌の老化を引き起こす。
UVB
夏の太陽光に多く含まれている紫外線。
肌の表皮にダメージを与えることで、肌が赤くなってヒリヒリする日焼けを引き起こす。

冬の紫外線ケアでは、UVAから肌を守るのがポイントとなります。
ですので、冬に使う日焼け止めはPA値が高いものを選ぶようにしましょう。

ただしスキーやスノボなど、ウィンタースポーツをする時は夏と同様にSPF値の高い日焼け止めを使うようにしてくださいね。

また、「冬まで日焼け止めを塗るのはめんどくさい……」という場合は、飲む日焼け止めを利用するという方法もあります。

冬らしいアイテムで、紫外線を防ぐ

冬の服装といえば、手袋やマフラーなどがありますよね。
これらのアイテムは、冬の紫外線ケアに有効です。

冬場に紫外線を浴びてしまいがちな首元や、手などを守ることができます。

食事は抗酸化力のあるものを食べる

ポリフェノールや、ビタミンA・C・Eなど、抗酸化力のある食事を意識して食べるようにしましょう。
抗酸化力のある食事を摂ることで、身体の内側からバリア機能を高めることができます。

バリア機能を高めることで、冬場の肌荒れや乾燥からも肌を守ることができます。

規則正しい生活をする

できれば、毎日0時半までには布団に入るようにしましょう。
肌は眠っている間に再生するため、睡眠不足の状態では肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。

まとめ

この記事では冬の紫外線対策について解説しました。

冬だからこそ紫外線ケアをしっかりする必要があるという事が分かっていただけたかと思います。

冬の紫外線ケアをするポイントの中でも特に重要なのは、「保湿をする」「PA値の高い日焼け止めを使う」という事です。

冬の紫外線対策を徹底して、シミやシワ、たるみのない若々しい肌を作っていきましょう♪

 
 

この記事を読んだ方へのおすすめ記事

超保湿美容液「NONAME カカオ美容液」の効果と口コミレポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする