保湿しても乾燥する肌にはセラミドが有効!おすすめ美容液ランキング

この記事のレビュー:

0
0.0 rating
(0票)

「肌に潤いやツヤがなくなってきた……」
「年齢を重ねるにつれて、肌のカサつきが気になるようになってきた……」
「保湿用の化粧水を使っているのに、乾燥する」

若かった時は多少お肌のお手入れをサボっても平気だったのに、最近ではしっかり保湿をしても、時間が経つと肌が乾燥してしまう…という事ありますよね。

保湿用の化粧水を使ったり、顔パックまでしているのにイマイチ保湿されないという経験が、あなたにはありませんか?

実は多くの人が勘違いしている事ですが、保湿をするために重要なのは水分ではありません
化粧水やパックに含まれている成分の大半は「水」のため、しっかり保湿したつもりでも、時間が経つと肌の表面から蒸発してしまうんです。

また、「化粧水で水分を与えたあとに、乳液やクリームの油分でフタをする」という方法を取っている人も多いですが、実は、油分はそこまで水分を保持する力が強くないため、化粧水後の乳液だけでは、油分と油分の間から水分は蒸発してしまいます

「じゃあどうやって保湿すればいいの!?」

と、ここまでの話だけではちゃんと保湿できる方法なんて無いんじゃないかと感じてしまいますよね。

でも安心してください。保湿のポイントは単純です。

実は保湿をするなら「セラミドなどの保湿成分を与える」という事が重要です

化粧水だけではすぐに蒸発してしまいます。ですが、肌に保湿成分を与えてあげる事で、肌の水分を蒸発させずに、肌の角層でしっかりと水分をキープして潤いのある肌を作ることができます。

この記事では、保湿成分の中でも特に重要な「セラミドについて」と、「セラミドを配合したおすすめ基礎化粧品」について解説します。

Yukiプロフィール画像
この記事の執筆者:Tsurumi Yuki
美容ブロガー。正しい美容知識を、どこよりも分かりやすく説明することを意識して執筆しています。

セラミドは肌の水分をキープしてくれる最強の保湿成分!


セラミドは肌の角層にある「角質細胞間脂質」の1つです。
角層の細胞と細胞の間に挟まるような形で存在しており、肌の水分を保つためにはとても重要な細胞です。

セラミドは水と交互に重なり合うことによって「ラメラ構造」と呼ばれる層状構造を作ります。このラメラ構造によって囲まれた水分は、湿度が0%になったとしても蒸発しません。
この事からセラミドは最強の保湿成分と言われています

セラミドは生まれた時から肌の角層に存在している細胞ですが、老化によって代謝が悪くなるにつれて、セラミドの量も少なくなってきます。
そのため、年齢を重ねるにつれて肌が乾燥しやすくなってしまうんです。

つまり、肌の角層内に十分な量のセラミドがあれば、いつまでも若々しいハリのあるお肌でいられるという事ですね

セラミドの種類と選び方

セラミドは水溶性ではないので、多くの場合は美容液や乳液に配合されています。
ここではセラミド配合美容液の選び方のポイントを解説します。

4種類のセラミドの中では、ヒト型セラミドがおすすめ

ヒト型セラミド

保湿力
★★★
★★★
低刺激
★★★
★★★
価格
★★★
★★★

セラミドにはいくつか種類がありますが、その中で最もオススメなのが「ヒト型セラミド」です。
ヒト型セラミドは、人間の肌の中のセラミドに似せて生成されたセラミドで、他のセラミドと比較して肌への浸透効果や保湿効果が高いと言われています。
また、アトピーの方や敏感肌に対しての刺激も弱いため、安心して使えるという点もポイントです。

ヒト型セラミドの成分表示は、「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」などの様に記載されています。
数字が大きくなるにつれて水分保持の効果だけでなく、肌のシワや肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

セラミド配合の美容液を選ぶ際には、「セラミド2」「セラミド3」「セラミド6」などの表示があるヒト型セラミド配合の美容液を選ぶようにしましょう

天然セラミド

保湿力
★★★
★★★
低刺激
★★★
★★★
価格
★★★
★★★

天然セラミドは動物由来のセラミドで、多くは馬由来のものです。

ヒト型セラミド同様に人間の肌のセラミドに近い構造のため、肌への浸透や保湿効果が高いと言われています。
ただしヒト型セラミドと比較して、費用が高いというデメリットが存在しています

天然セラミドの成分表示は、「ビオセラミド」「セレブロシド」などの様に記載されています。
使い続ける事によってセラミドの生成量を増やす効果があると言われていますが、
初めてセラミド配合の美容液を選ぶ場合には、費用の安いヒト型セラミドを配合した美容液の方が選びやすいでしょう。

植物性セラミド

保湿力
★★★
★★★
低刺激
★★★
★★★
価格
★★★
★★★

植物性セラミドは、大豆やお米、小麦などが由来です。

ヒト型セラミドや天然セラミドと比較して費用が安く、また肌への刺激が少ない事で安心して使えるというメリットがあります
ですが、人間の肌に馴染みづらく効果を実感しづらいというデメリットもあります

成分表示には、「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」などと記載されています。

この記事を読まれているあなたなら、「確実に効果のある保湿をしたい!」と考えているでしょうから、
筆者としては、少し費用は高くなったとしても効果が期待できるヒト型セラミドを配合した美容液を利用するのがオススメです

疑似セラミド

保湿力
★★★
★★★
低刺激
★★★
★★★
価格
★★★
★★★

疑似セラミドは、科学的に合成して作られた「セラミドに似た成分」です。
大量生産が出来る成分のため、セラミドと比較すると費用を安く済ませることができます
ただし、その他のセラミドと比較して効果が弱いというデメリットがあります。

成分表示には「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」などと記載されています。

本当に保湿をしたいと考えているなら、あまりオススメできない成分です

セラミド配合美容液の役割

セラミドが配合された美容液を活用することで、肌の角層の水分を保つことができます。

肌の角層にセラミドが不足している状態だと、化粧水で与えた水分はすぐに蒸発してしまいます。
化粧水をしっかりと使っているのに、時間が経つとすぐに肌が乾燥してしまう…という経験があるのではないでしょうか?

セラミドを肌に与えることで、セラミドが肌の水分を閉じ込めます。
このセラミドが水分を閉じ込めている構造のことを「ラメラ構造」といい、ラメラ構造が出来上がるとほとんどの水分が肌から蒸発しなくなります。

セラミドが含まれた美容液を活用することで、肌の水分を逃さずにキープでき、
その結果、時間が経っても乾燥しないハリのある肌を保つことができるようになります

セラミド配合美容液のおすすめランキング

1位:ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジング セラム


引用元:https://www.amazon.co.jp/

エトヴォス モイスチャライジング セラムは、5種類ものセラミドを配合した美容液です。
セラミド1,2,3,5,6Ⅱが高濃度で、かつバランスよく配合されているため、強力な保湿効果が期待できます。

また保湿成分だけでなく、整肌効果のある花のエキスやプラセンタ等も含まれており、これ1本で乾燥肌・インナードライ肌など様々な肌タイプに対応しています。

他の美容液と比較しても、とても贅沢な成分が含まれているためやや価格は高めではありますが、「本気で肌の潤いを取り戻したい!」と考えている方にはオススメの美容液です

2位:イヴデュフラン セラミド美容液/


引用元:https://www.amazon.co.jp/

イヴデュフラン セラミド美容液は、30,000本以上も売れている人気の美容液です。

植物性のセラミドが豊富に含まれていることで高い保湿効果が期待できることに加えて、ビタミンC誘導体なども含まれているため美白効果も期待できます。

リピート率はなんと85%となっていて、使った方の満足度の高さを物語っていますね

植物性セラミドのため、値段も低価格で続けやすいのも嬉しいポイントです。

3位:金澤コスメティクス「天然セラミド配合美容液 セラミド 20」


引用元:https://www.amazon.co.jp/

金澤コスメティクスの天然セラミド配合美容液 セラミド20は、ナノ化されたセラミドを配合しているため浸透力が非常に高いのが特徴です。

成分の中にセラミドが含まれていない事が気になったかも知れませんが、「セレブロシド」という成分は馬由来の天然セラミドです。

天然セラミドは人の肌に近い成分のため、保湿効果も高く、また人の肌にもすっと馴染みます。

美容液にありがちなベタつき感が少ないのも嬉しいポイントです。

4位:チューンメーカーズ セラミド配合エッセンス 20ml 原液美容液


引用元:https://www.amazon.co.jp/

チューンメーカーズのセラミド200は、米ヌカ由来のセラミドをふんだんに使用した美容液です。

米ヌカ由来のセラミドは植物性セラミドのため、ヒト型セラミドや天然セラミドと比較すると、保湿力の点では劣ってしまいます。

ただし価格が安く抑えられているため、「セラミド配合の美容液を使ってみたいけど、あまり高いものは買いたくない……」という方におすすめの美容液です

同メーカーの美容液には「セラミド」と「セラミド200」が存在していますが、セラミド200の方がよりセラミドの配合量が多く、保湿効果が期待できます。

5位:オルナ オーガニック 美容液


引用元:https://www.amazon.co.jp/

オルナ オーガニック美容液は22種類ものオーガニックと天然成分を含んでおり、またシリコンや合成香料や石油系界面活性剤などの成分を含んでいない無添加がポイントの美容液です。

とにかく肌に優しいという点を重視した美容液のため、他の美容液では肌荒れをしてしまった……という方にもオススメです。

製造はすべて日本法人で行われており、品質の面でも安心です。

美容液は化粧水の次に使う!美容液を使う順番について

いざ美容液を使おうと思った時に悩むのが、美容液や化粧水などの基礎化粧品の使う順番です。

基本的には、化粧水→美容液→乳液→クリームの順番で使っておけば問題ありません

ただし商品によっては異なる順番を推奨している場合もあるため、使用する前に説明書やメーカーのホームページで確認しておくようにしましょう。

悩みや目的に合わせた基礎化粧品の選び方

セラミドが配合された美容液を活用することで、肌の水分を逃さず保つことを解説してきました。
では、セラミドが配合された美容液を活用するだけで、肌の悩みは解決できるのでしょうか?

答えはNOです

セラミドは保湿効果という面では、最強の効果がある保湿成分です。
ですが、肌のトラブルは保湿だけでは改善されないものも多いため、自身の肌の悩みに合わせた基礎化粧品を使う必要があります。

例えば、肌のシワは乾燥が原因で出来てしまうと考えている人も多いかと思います。
ですが、実は肌のシワは乾燥ではなく、コラーゲンの減少が原因なんです

保湿が足りていないことが原因だと考えて、ずっと保湿だけしていてもシワは改善されません。
年齢を重ねても若々しい肌を保つためには、肌の悩みの原因をしっかりと理解して、適切な基礎化粧品を使わなければいけません

ここでは、肌の悩み別におすすめの基礎化粧品を解説していきます。

シミ

シミのケアには美白化粧品を使うのが良いと考えてしまいがちですが、実はシミの種類によっては美白化粧品では効果がない場合もあります
シミには大きく分けて5つの種類が存在していて、その中でも最も多くの人に該当するのは「老人性色素斑」と言われるシミです。

この老人性色素斑に対して、初期の非常に薄いシミの段階では美白化粧品の効果はありますが、定着してしまったシミの場合は美白化粧品では消すことは出来ません。
(もし定着してしまっている場合では、美容皮膚科などでレーザー治療を受ける必要があります。)

この様に自身のシミの種類によって、取るべき対処法は変わってきます。

まずは自分のシミはどの種類なのかを理解して、そこから何をするべきなのかを考えていきましょう

老人性色素斑

「シミ」と言われるものの中で、最も多いパターンはこの「老人性色素斑」です。
老人性色素斑は日焼けが原因で出来るシミで、

「UVケアにはあまり気を遣っていない」
「かすかに盛り上がっている」
「1cmほどの小さなシミが増えた」

などの場合は老人性色素斑であると考えられます。

老人性色素斑のケア方法としては、初期の場合であれば美白化粧品が有効です
ただしシミが定着してしまっている場合は美白化粧品では効果がありません
定着している老人性色素斑に対しては、美容皮膚科などでレーザー治療を受ける必要があります。

老人性色素斑の予防方法は、しっかりとUVケアを行うということです
日焼け止めはもちろん、日傘や帽子も活用して、しっかりと日焼け対策をするようにしましょう。

肝斑


肝斑は30代~50代にかけて出来ることの多いシミです。

「30代~50代にかけて急にシミが出来た」
「頬骨のあたりに左右対称にシミが出来ている」
「点々としたシミではなく、広い範囲にベタっと塗ったようなシミが出来た」

などの場合は、肝斑であると考えられます。

肝斑が出来てしまう原因は紫外線ではなく、ホルモンバランスの乱れが原因です
そのため、ホルモンバランスが乱れやすい30代以降になるとシミとなって現れてしまうのです。

肝斑のケア方法としては、美白化粧品が有効です
また、肝斑にはトラネキサム酸という成分を摂ることによって薄くなる場合があります。
トラネキサム酸はハイチオールCなどの一般的な市販薬にも含まれているため、試してみるのも良いでしょう。

肝斑の予防方法としては、夜更かしなどは止めて規則正しい生活習慣を作る、栄養バランスを考えた食事を摂る等が挙げられます。

炎症性色素沈着

ニキビ跡や虫刺されの跡など、肌が炎症を起こし、その跡がシミとして残ってしまったもののことを「炎症性色素沈着」といいます。

「ニキビ跡がいつまで経っても消えない」
「メイクを落とす時にゴシゴシ擦る習慣がある」
「強い力で顔のマッサージをしている」

などの場合には、炎症性色素沈着であると考えられます。

基本的に炎症性色素沈着の場合は、何年も時間をかけてゆっくりと薄くなっていく場合が多いですが、
炎症跡の上から日焼けをしてしまうと、跡が残ってしまう場合があります

ニキビ跡や虫刺され跡が出来てしまった場合には、極力紫外線を当てないようにしましょう。

炎症性色素沈着のケア方法としては、ピーリングと美白化粧品のダブル使いがおすすめです
炎症性色素沈着の場合はレーザー治療では効果がないため、シミが綺麗になくなるまでには数ヶ月はかかるものだと考えておきましょう。

炎症性色素沈着の予防方法としては、上述したようにニキビ跡や虫刺され跡に紫外線を当てないようにすることと、炎症を起こす原因となってしまうようなマッサージ・スキンケアはしないようにする事です。

脂漏性角化症

イボのように盛り上がっているシミのことを「脂漏性角化症」といいます。
脂漏性角化症が出来てしまう原因は紫外線によるもので、老人性色素斑と同様です。

老人性色素斑との違いとしては、紫外線によって皮膚の組織構造自体が変化してしまっているという点です。
初期の老人性色素斑では美白化粧品は有効でしたが、脂漏性角化症では美容化粧品は効果がありません

脂漏性角化症のケア方法としては、レーザー治療や凍結療法などで、基本的に自分自身だけでのケアは難しくなります。
美容皮膚科で相談するなどして、自身の肌の状態にあわせたケアを相談しましょう

脂漏性角化症の予防方法としては、老人性色素斑と同様に毎日のUVケアをしっかりと行うようにしましょう。

雀卵斑

一般的には「そばかす」と言われているような小さなシミのことを「雀卵斑」といいます。
雀卵斑は、多くの場合は遺伝が原因のため完璧に予防するのは難しくなります

ただし、紫外線を浴びることによってシミが濃くなってしまうことがあるため、UVケアは行うようにしましょう。
レーザー治療で綺麗になることもありますが、一度治療しても再発してしまう場合もあります。

もしどうしても気になる場合は、美容皮膚科で相談して見ると良いでしょう。

シワ・たるみ

シワやたるみは乾燥しているから出来ると考えてる人も多くいますが、
実はシワやたるみは、肌のコラーゲンが減少することによって出来てしまいます

コラーゲンは肌の表皮の奥、真皮の部分の約70%を占める成分です。
コラーゲンが真皮の中で網目状に張り巡らされていて、それをエラスチンという繊維が繋ぎ合わせています。
コラーゲンが減少して弾力を失うと、皮膚は薄く固くなっていきます。

弾力を失っていない皮膚であれば、笑ったり泣いたりといった表情によって作られるシワはすぐに元に戻ります。
ですが、コラーゲンが減少して固くなってしまった皮膚は元に戻らずに、シワやたるみになってしまうのです。

シワやたるみのケアには、コラーゲンを増やすことが大切です。
そのためにおすすめの方法は、ピーリングとレチノールの合わせ技です

ピーリングは酸などを使って、肌表面の古くなった角質を取り除き、肌のターンオーバーを高める美容法です。
ピーリングを行うことで肌の代謝がよくなり、コラーゲンの生成を増やす効果も期待できます。

また、ピーリング後は化粧品の成分の浸透が高まるため、このタイミングでレチノールを使うのがおすすめです。
レチノールはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを高める効果やコラーゲンを増やす効果があります。

ピーリング後の浸透効果が高まっている肌にレチノールを使うことで、より効果的にコラーゲンを増やすことができます。

毛穴

毛穴が目立つ原因は大きくわけて3つ存在していて、対処方法もそれぞれ違います。
それぞれ詳しく解説していきます。

角栓が詰まったことにより毛穴が目立つ

いわゆる「いちご鼻」と言われるのがこのタイプです。
皮脂と角質が混ざりあい、毛穴の表面で詰まってしまうといちご鼻になってしまいます。

いちご鼻のケアは、酵素洗顔料を使うことによって予防することができます
毛穴パックを使ったケアも効果的ではありますが、あまり頻繁に使ってしまうとかえって毛穴を広げてしまう原因にもなります。
毛穴パックを使う頻度は1週間~2週間に一回程度に抑えておきましょう。

肌質の遺伝によって毛穴が目立つ

遺伝的な理由で男性ホルモンが多い人の場合は、毛穴が目立ってしまう事があります。
男性ホルモンが多いと、皮脂が多くなり毛穴が広がってしまうためです。

予防方法としては、男性ホルモン自体を少なくするのは難しくなります。
ですが、生活習慣を規則正しくする、脂っこい食事は避ける等で皮脂の量を少なくすることは可能です。

老化によって毛穴がたるんだ事により、毛穴が目立つ

真皮のコラーゲンが減少することで、毛穴がたるんでしまい、その結果毛穴が目立つようになるものです。
毛穴のたるみによる目立ちは、基本的にはシワやたるみが出来てしまう原因と同じです。

ピーリングやレチノール、ビタミンCなどの誘導体を活用したコラーゲンケアを行うのがオススメです

セラミド配合美容液の効果を高めるには、洗顔方法も重要!

セラミド配合美容液の効果を高めるには、洗顔方法も重要!
非常に高い保湿効果をもつセラミドですが、誤った洗顔やクレンジング方法では効果も半減してしまいます。
またこれらの洗顔方法はセラミド配合美容液を使っていない場合でも、アンチエイジングに有効なので、日常からこの方法で洗顔をしていきましょう。

大まかな流れとしては下記の通りです。

①クレンジングは優しく、手早くが基本
②マスカラやアイラインは薬用オリーブオイルで落とす
③洗顔料は固形石けんを使う
④化粧水で水分を与える
⑤セラミド配合美容液で保湿成分を与える

それぞれを詳しく説明します。

①クレンジングは優しく、素早く行う

クレンジングをする際には、ついゴシゴシと力を入れてしまいがちですよね。
ですが、力を入れてクレンジングを行うと、肌荒れや肌の炎症の原因になってしまいがちです。

クレンジングは出来るだけ手早く、そして力を入れずに行うようにしましょう。
クレンジングの時点で全てのメイクを落とし切る必要はありません。

クレンジングでは大まかにメイクを落としておく程度にして、その後の洗顔で綺麗にしましょう。

②マスカラやアイラインは美容オリーブオイルで落とす

目元の濃いメイクを落とす時には、美容オリーブオイルで落とすのがオススメです。
美容オリーブオイルを目元のメイクに馴染ませて、メイクを浮かせます。
この時は力を入れてマッサージするのではなく、オイルを温めるように優しく馴染ませて下さい。

ここで一点注意しておきたいことが、必ず美容目的のオリーブオイルを使用して下さい。
スーパーなどで購入できる食用のオリーブオイルと、美容オリーブオイルでは精製方法が違います。

美容オリーブオイルでは、肌に負担にかけないように不純物などが取り除かれます。
それに対して食用オリーブオイルは、美容オリーブオイルのように丁寧に処理がされていない事が多いからです。

オイルに繊維などが残ってしまっている事によって、肌に思わぬ傷や負担をかけてしまう可能性もあるため、必ず美容オリーブオイルを使用しましょう。

③保湿洗顔は使わない

保湿洗顔を使ったあと、肌がしっとりと潤っているように感じるのは、洗顔料の成分に油分が含まれているからです。
一見すると肌が潤っていて良いように感じるかも知れませんね。

ですが、実はこの油分が存在していると、セラミドなどの美容成分の浸透を妨げてしまう場合があるんです。

洗顔料は肌の汚れと油分を落とすことを目的として、シンプルな固形石けんを使うようにしましょう。

④化粧水で水分を与える

洗顔が終わったら、次は化粧水で肌に水分を与えていきます。
化粧水のおすすめは「ビタミンC誘導体」が含まれているものです。

ビタミンC誘導体は、コラーゲンの合成に必要な成分となっていて、肌のコラーゲンを増やしてくれる効果があります。
肌のコラーゲンが不足していると顔の表面のシワ・たるみなどの原因になってしまいますが、ビタミンC誘導体はそれらの肌トラブルの改善に効果を発揮します。

また、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使う時は、イオン導入器も合わせて使うとより効果的です。
イオン導入器は、電気を利用して肌の奥に有効成分を浸透させる補助をする美容機器です。

イオン導入器を活用することで、ビタミンC誘導体を効果的に肌に浸透させることが出来ます。

⑤セラミド配合美容液で保湿成分を与える

化粧水で水分を与えたら、その次は美容液で保湿成分を与えます。
化粧水だけでもしっかり保湿されている様に感じるかも知れませんが、化粧水の水分は時間が経つと蒸発してしまいます。
セラミド配合の美容液を活用することで、化粧水で与えた水分をしっかりと肌に定着させます。

乾燥によるくすみもセラミドで予防

セラミド配合の美容液を朝のお手入れに使うことによって、午後の乾燥によるくすみを予防できます。

午後や夕方になるにつれて、肌がくすんでいるように見えてしまうことがありますが、これはが乾燥していることによって角質の表面が毛羽立つようにめくれてしまってくることが原因です。
毛羽立った角質に小さな影が出来ることによって、肌全体が黒くくすんでしまったように見えてしまうんです。

「朝の保湿ならしっかりしてる!」と思われるかも知れませんが、ここで大切なのは水分ではなく保湿成分を与えるという事です
化粧水や顔パックなどで水分を与えると確かに一時的には肌がしっとりして、保湿されている様に感じます。

ですが、化粧水や顔パックで与えられる水分だけでは、時間が経つと蒸発してしまいます。
そのため午後や夕方になると、肌の乾燥を感じやすくなるのです。

肌には水分だけではなく、セラミドなどの保湿成分を与えることで、肌表面の水分の蒸発を防ぎ、潤った肌を保つことができます

セラミド配合の美容液でお手入れすることによって、肌に与えた化粧水の水分をキープして、しっとりとした肌を保ちましょう。

セラミドは食べ物からとれる?

セラミドは食事から取っても増やせないと言われています。
また、年齢を重ねるにつれて体内のセラミドの量は減少してしまうため、体内でセラミドを増やすというのも非常に難しいものです。

ただし、セラミドを食事から摂取する事で肌の保湿力が上がったという意見もあり、食事から摂取するセラミドの効果については諸説あるという状態です。

筆者の見解としては、確実に効果があるセラミド配合の美容液を使用することをおすすめします
食事やサプリからの摂取でも効果があるかも知れませんが、同じ様な金額で買うのであれば、確実に効果のある方を選びたいですからね。

まとめ

毎日しっかりと保湿をしているのに乾燥してしまうのは、保湿成分が不足しているためです。
最強の保湿成分と言われる「セラミド」を配合した美容液を活用することで、何歳になってもハリのある美しい肌を作って行きましょう!

 
 

この記事を読んだ方へのおすすめ記事

美容液を選びきれない方へ!おすすめのデパコス美容液【2019年最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする