「あの人」が年齢より若く見える理由。老けている人との違いと、若見えのポイントを解説

この記事のレビュー:

4
4.0 rating
(1票)

「昔は若く見られたけど、今は年齢を言っても納得される……」
「同じような服装をしてるのに、なぜか友人だけ若く見られる……」
「見た目に気を遣ってるけど、なぜか若く見られない……」

20代の頃、人と話している時に年齢を伝えると若く見えると言われていたのに、
30代、40代になると年相応に見られる事が多くなってきますよね。

20代後半までは若く見られてたのに、30代過ぎたくらいから年相応に見られるようになったなぁ……

でもその一方で、実年齢よりもかなり若く見られる友人もいます。
その友人は「この前、20代に間違えられて~」なんて事を言うくらいに確かに若く見えます(さすがに20代はお世辞だと思いますけど…笑)。

「老けて見られる私と、若く見られる友人の違いは何なんだろう?」
「私も若く見られたい!(痛々しくない範囲で)」

そう思って、若く見られるためのポイントを徹底的に調べました!

この記事では、若く見える人や老けて見える人の特徴、若く見える方法について解説します。

若見えを目指す方へのおすすめ

  • ビューティーオープナー

    ビューティーオープナー

    乾燥・毛穴・ハリ不足など「年齢肌の悩み」に
    初回限定で65%オフ!

Yukiプロフィール画像
この記事の執筆者:Tsurumi Yuki
美容ブロガー。正しい美容知識を、どこよりも分かりやすく説明することを意識して執筆しています。

実年齢より若く見える人、老けて見られる人の特徴

世の中には実際の年齢より若く見られる人と、老けて見られる人がいます。
この違いはどうして生まれるのでしょうか?

若く見られる方法の前に、まずは実際の年齢より若く見られる人・老けて見られる人の特徴について見てみましょう。

実年齢より老けて見える人の特徴

肌のシミ、シワ、乾燥、目のクマなどが目立つ

最も老けて見られやすいポイントとして、肌のシミ・シワ・乾燥・目のクマ・毛穴の黒ずみなどが目立つという事が挙げられます。
ほうれい線、目尻のシワ、シミなどは、特に老けて見られやすいポイントですね

例えば、こちらの女性。
左側の写真がシミやほうれい線が目立っている状態、右側の写真がシミやほうれい線を消した状態です。

こうして比較してみると、シミやほうれい線があるとないでは、見た目の印象がかなり違ってくる事が分かるかと思います

これらの肌の悩みはスキンケアで対処できる事がほとんどです。
ですが、スキンケア不足によってシミやほうれい線が目立ってしまい、その結果老けて見えてしまうという人がかなり多くいます。

化粧が濃い・古い

化粧が濃い・古い
メイクは時代によって流行り廃りがあります。
若いころに流行っていたメイクだったとしても、今の時代では古く見えてしまう事はよくあるのです

特にバブル期に流行っていたような「フルーの濃いめアイシャドー」「太眉」「赤の濃い口紅」などを使っていると、どうしても古く見えてしまいがちです。
最近は10代~20代の若い世代ではバブルメイクとして、当時のような濃いめのメイクも流行ってきていますが、30代~40代以降で同じようなメイクをしていると少し痛々しい感じになってしまいますよね。

「メイクの方法はもう何年も変えていない」
「肌のシミやシワを隠すために、ファンデーションは厚塗り気味」

などに当てはまる人は要注意です。

髪型が古い

こちらもメイク同様に、自身が若いころに流行っていた髪型をずっと続けているという人が多いです。
髪型も時代によって流行り廃りがありますし、若く見られやすい髪型や老けて見られやすい髪型も存在しています。

特にベリーショートや、縮毛矯正をあてたペタンコの髪型、キツめのパーマ等はある程度の年齢以上になると、かえって老けて見られやすい髪型です

若いころだとどれもおしゃれに見える髪型でも、一定の年齢を超えると急におばさんっぽくなるよね……

髪の毛に潤いやツヤがない

髪の毛がパサついていて、潤いがツヤがない状態も老けて見られる要因の1つです。

年齢を重ねるにつれて、どうしても髪の毛の潤いは失われてしまいがちです。

日頃からトリートメントを使ったり、髪に良い成分を含んだ食事をするなどのヘアケアが重要です

姿勢が悪い

姿勢が悪い
スキンケアやヘアケアもバッチリなのに、なぜか老けて見られる……その理由は姿勢の悪さかも知れません。
姿勢の悪さが原因で老けて見られる人は、猫背になってしまっている人や腰が曲がっている人、歩く時に前傾姿勢になってしまっている人などが当てはまります。

すごく美人な人だったとしても、姿勢が悪いとなんだか残念な印象になってしまいがちです

表情が暗い

表情が暗い
「特に何もない時でも表情が暗い」
「話している時に、いつも怒りっぽい顔をしている」

などに当てはまる人も、老けて見られがちです。

老けて見える要因をいくつか紹介していますが、その中でも「表情」というものはすごく重要です。
シミやシワがあったとしても、笑顔が素敵でよく笑う人というものは魅力的に感じるものです。

発言がオバサンくさい

「ため息や、めんどくさいという発言が多い」
「最近の若い子は~とよく言う」
「人の悪口や、コソコソ話が多い」

などの発言が多いと老けて見られがちです。
またこれらの発言を多くしていると、老けて見られていないとしても、あまり良い印象は持たれないでしょう。

痩せ過ぎている

ダイエットを意識している人は多いと思いますが、実は痩せ過ぎていても老けて見られてしまいがちです
もちろん太っていれば若く見えるのかと言うと違いますが、極端に痩せ過ぎてしまうと不健康な印象になってしまいます。

もしかしたらモデル体型に憧れて、かなり激しいダイエットをした事がある…という人もいるかも知れませんね。
ですが「痩せ過ぎているとかえって老けて見えてしまう事がある」という事は覚えておきましょう

年齢より見た目が若く見える人の特徴

肌にハリや潤いがある

実年齢よりも若く見られる人の多くは、肌がキレイで、ハリや潤いがあるという特徴が挙げられます。
また肌がキレイだと健康的な印象も生まれるため、より魅力的に感じるでしょう。

年齢を重ねるとシミやシワが出来てしまうのはごく自然な事なので、しっかりとスキンケアを行っていく必要があります

化粧はナチュラルメイク

化粧はナチュラルメイク
若く見られる人は必要以上に濃いメイクや、奇抜なメイクはしていません。

ただし単純にメイクを薄くすれば良いというものではなく、ベースメイクには力を入れる必要があります。
上述した通り、肌がキレイな人は若く見られる傾向があり、キレイな肌を作る上ではベースメイクはとても重要だからです

若く見える髪型をしている

若く見える髪型をしている
老けて見られる人の特徴のところで挙げた「古いヘアスタイル」や、「年齢に合っていないヘアスタイル」をしていると、老けて見られてしまいがちです。

若く見られる人は髪型にも気を遣っている人が多く、自身の年齢を考えた上で似合う髪型をしています

髪の毛に潤いやツヤがある

髪の毛に潤いやツヤがある
髪の毛が潤っていると、それだけでも若々しい印象が生まれます。
肌と同様に、髪の毛もきちんとケアをしなければ、年齢を重ねるごとに潤いやツヤが失われてしまいがちです。

若く見られる人はヘアケアにも気を遣っていている人が多いです。

姿勢がキレイ

姿勢がキレイ
背筋が伸びている、体が左右のどちらにも傾いていないなど、姿勢がキレイな人は若く見られる傾向にあります。
デスクワークは自分でも気づかない間に猫背になってしまっている方が多いので、気を付けたいですね。

また姿勢がキレイだと若く
見られるだけでなく、肩こりや腰痛にもなりづらかったり、自身があるように見えることで魅力的にも見えるというメリットもあります

表情が明るい

表情が明るいというのも、若く見られる人の特徴で共通している事が多いです。
表情が明るいとイキイキとしている印象になったり、周りの人にも明るい雰囲気が伝わるため、人としても魅力的に映ります。

あなたの周りの若く見える人にも、当てはまることが多いのではないでしょうか?

会話がハキハキしている

話している時にハキハキと話す人も若く見られる人に多い特徴です。
ただしハキハキ話すと言っても、やたらめったら元気に話せば良いというわけではありません。

ここで言うハキハキと話すと言うのは、「話す時に、一音一音をしっかりと発音する」というニュアンスが近いです。
相手に伝わりやすい口調を意識しながら、一音一音をしっかりと発音するようにすると良いでしょう

健康的なスタイルを維持している

老けて見られる特徴の項で、「痩せ過ぎてしまっていても老けて見られる」とお伝えしました。
若く見られる人の特徴としては「痩せすぎず、太り過ぎず、健康的なスタイルを維持している」という特徴が挙げられます。

太り過ぎが良くないのはわかるけど、痩せすぎてもダメなんだね!
モデルのような細い体型に憧れる気持ちも分かりますが、ダイエットはほどほどにしましょうね。

ここまでは年齢より老けて見える人の特徴を説明してきましたが、若く見える人の特徴はその逆であるものがほとんどです。
老けて見える特徴を無くしていけば、自然と若く見られるようになる!という事ですね

若く見られるようになる方法

ここまでは老けて見られる人と若く見られる人の特徴を紹介してきました。

老けて見られる人の特徴は分かったけど、じゃあ自分が若く見られるにはどうすれば良いの?

安心して下さい。
若く見られる人の特徴を読んでいて感じたかも知れませんが、若く見られる人の特徴はちょっとした事が多いんです。
これから紹介する若く見られる方法を実践すれば、あなたも10歳若く見られることは可能です

髪型や服装などのすぐに始められる事から、食生活や紫外線対策など10年後も見据えた対策まで紹介するので、これなら自分でもすぐに出来そう!と思うものから、1つずつ実践してみて下さいね。

髪型

髪型は若く見られるためのポイントの中でも特に重要で、髪型を変えるだけでも人からの印象はガラリと変わります

また、髪の毛にツヤがあるという事とボリュームがあるという事も大切です。
こちらは一日で変えるのは少し難しくなってしまいますが、髪のトリートメントを使うなどで日々のお手入れをしっかりしておきましょう。

ここでは年代別におすすめの髪型も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

30代

・ナチュラル感のあるミディアム
ミディアムストレート
トップから髪を流し、毛先を少しだけ巻いたヘアスタイルです。
前髪も軽く流している程度で、朝のヘアセットが楽なのも嬉しいですね。

着飾りすぎないナチュラルなテイストがポイントです。

・ショートスタイル

30代らしい大人の魅力が出しやすいショートスタイルです。
仕事の日も休みの日も、どちらでも応用できるのもポイントです。

ただしベリーショートにしてしまうと、かえって老けて見られてしまう事もあるので、自分に似合う長さを美容師さんに相談しましょう。

40代

・大人感のあるミディアム

毛先のエアリー感が特徴のヘアスタイルです。
軽やかさとボリューム感を絶妙なバランスでミックスさせるのがポイントです。
カラーは少し明るめにすると可愛いですね。

・ボブ

幅広い年齢層に人気のボブですが、大人らしい華やかさが出しやすいので40代におすすめです。

イラストではストレートボブですが、ゆるふわのパーマをかけて動きを出したボブも可愛いですよね。

50代

・しっとり大人のストレート

50代になってストレートだと痛い…と言う人もいますが、そんな事はありません。
確かにお手入れを怠っているストレートは少し残念な感じに見えてしまうかも知れませんが、きちんとお手入れをしているストレートは女性の魅力を最大限に引き出してくれます。

ペタンコでまっすぐのストレートにするのではなく、毛先を少し遊ばせてあげることでより魅力的に映るでしょう。

・ふんわりパーマのボブ

ふんわりパーマをあてたボブは、とても若く見えるのでおすすめのヘアスタイルです。

50代になると髪のボリュームが少なくなってしまい、それが原因で老けて見られてしまいがちです。
パーマをあてることで髪のボリューム減少をカバーして、より若々しい印象に映ります。

服装

髪型と同様に、服装も気軽に印象を変えられる要素です。

服装で若く見られるようになるポイントとしては、「適度に流行を取り入れたファッションをする」という事です。

また一定以上の年齢になってからプチプラな服装や小物ばかりを揃えていると、全体的に安っぽく見えてしまう事があります。
ですので、プチプラなものとブランドなどの高級なアイテムを組み合わせて使うのが良いですね。

例えば、アウターやバッグはブランドもので、その他のアイテムはプチプラというのも良いでしょう。

メイク

メイク
メイクで若く見られるポイントは、「ツヤ肌を意識したベースメイク」と「濃すぎるメイクをしない」という2点です。

30代以降になると、シミやシワ、ほうれい線、肌のくすみなどの肌トラブルが増えてきます。このような肌トラブルがあると、それだけでも実年齢よりも老けて見られてしまいがちです。

それらの肌トラブルをカバーして、ツヤのある肌になるようにベースメイクをすることで今よりも-5歳は若く見られるでしょう

また濃すぎるメイクにも注意が必要で、特に注意したいのは「アイシャドウ」「アイライン」「チーク」「口紅」などです
どれも「ちょっと薄いかな?」と思って、ついつい濃く塗ってしまいがちですよね。

ですが30代以降になって濃いメイクをしていると「若作りをしているオバサン」という印象が強くなってしまいます。

30代以降では、ツヤ肌を意識したベースメイクをして、ナチュラルメイクを意識しましょう。

一つ前の項でツヤ肌のあるベースメイクが大切という話をしましたが、そもそも肌のお手入れももちろん大切です。
年齢を重ねるとともに、シミやたるみ、シワやほうれい線、目のくま、くすみ…などの様々な肌のトラブルが生まれます。

これらのトラブルの多くは、正しいスキンケアをする事で改善・予防をする事が出来ます。
(例えば、シミの中で最も多く見られる老人性色素斑というタイプのシミの場合、初期のものであれば美白化粧品を使うことによって改善が出来ます。)

今の自身の肌トラブルを解決するには何をするべきなのか、という事を理解して、正しいスキンケアを行っていきましょう。

姿勢

頭の先から足の先まで、ピンと伸びているような美しい姿勢を保つことも大切です。
とは言っても、何年も続けてきていた姿勢をいきなり変えるのはかなり難しいでしょう。

まずは「歩いている時に前傾姿勢にならないようにする」「椅子に座ったときに猫背にならないようにする」など、小さな姿勢改善から始めてみるのはが良いですね。

普段の言動

言動については、「若者を見下すような言い方をしない」「ネガティブな事は言わない」などが大切です

1つ目の若者を見下すような言い方をしないについては、例えば「最近の若い子は……」のような事を日常的に言ってしまっていませんか?
意識していないと自然に言ってしまいがちな発言ですが、この言葉は本当におばさんくさく聞こえてしまいます。

2つめのネガティブな事は言わないについては、人の陰口や悪態をつかないようにするという事です。
陰口や悪態をついていると、それだけで相手に悪い印象を与えてしまいますし、この様な発言をしている時の顔はひどいものです。

周りに悪い印象を与えてしまって、しかも見た目も老けて見られてしまう。
本当に良いことは何一つないので、日常的に陰口や悪態をついている人は気を付けましょう。

10年後も若く見られるためのポイント

ここまでは若く見られる方法の中でも、比較的すぐに効果が出る若く方法を紹介してきました。
でも今だけではなくて、これから5年先、10年先もずっと若く見られたいですよね?

ここからは即効性はないものの、積み重ねていくことで10年後も若く見られるためのポイントを解説します。

食生活

食生活
何歳になっても若く見られるために意識したいのは、抗酸化力のある食品を食べるということです。

年齢を重ねるにつれて、肌が本来もっている抗酸化力は衰えてしまいます。
ですが、抗酸化物質を含む食品を食べることによって、衰えていく抗酸化力を補うことができます。

抗酸化を補うための栄養素として重要なのが、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3種類です
これら3種のビタミンは、緑黄色野菜に含まれている事が多いため、毎日の食事の中で意識して食べるようにしましょう。

またポリフェノールも高い抗酸化力を持っています。
ポリフェノールが含まれている食品の中で代表的なものは、緑茶や大豆、ごま、ブルーベリーなどです。

この様に抗酸化物質を含む食品はたくさんあるので、それぞれをバランスよく食事に取り入れる事が大切です。

必要な栄養素は、サプリで摂るのがおすすめ

栄養素を意識した食事を、毎日作るのはかなり大変です。

そこで筆者としては、プラセンタサプリで必要な栄養素を摂る方法がおすすめ。プラセンタには若々しい肌を作るために大切な、アミノ酸やビタミン、ミネラル、核酸などが豊富に含まれています。

プラセンタサプリのおすすめは「桜肌×馬プラセンタ純度100%」がおすすめです。

プラセンタは高価な成分のため、一般的には薄めて配合されています。それに対して桜肌×馬プラセンタ純度100%は、高品質なプラセンタを薄めることなく高濃度で配合しているため、プラセンタの豊富な栄養素をしっかりと摂れるのです

30代40代になってから、昔のような肌のハリがなくなってきた…という方にこそ試してみて欲しいサプリです。

睡眠

睡眠
睡眠が重要ということは言うまでもないかも知れませんね。
でも睡眠時間だけ7時間くらいとっていれば良いと考えていませんか?

夜の10時から深夜の2時にかけては肌のゴールデンタイムと言われていて、この時間帯に熟睡している事が肌にとっては重要です。
とは言っても、毎日夜の10時に眠りにつくというのは現実的ではないので、せめて0時過ぎごろまでには眠りにつけるようにしましょう

また、そもそも睡眠時間が不足しているとホルモンバランスの崩れや、ひどい目のクマを作ってしまう事もあります。
睡眠時間と、睡眠の時間帯の両方に注意が必要です

運動習慣

運動習慣
適度な運動をすることで身体の代謝が上がり、老廃物などを身体の外に出す事ができます。
また、運動不足が続いていると姿勢も崩れてしまいがちです。

ここで言う運動というのは本格的なスポーツでなくても構いません。
例えば週に3回のウォーキングや、最寄り駅の1つ手前の駅で降りて1駅分歩くなど、日常に組み込める範囲の運動から習慣づけていくと良いでしょう

紫外線対策

紫外線対策
紫外線を浴び続けていると、肌の老化に繋がってしまいます。
シミなどは一定の年齢になって突然出来たように感じるかも知れませんが、実はそれまでに浴びていた紫外線の積み重ねが原因です。

夏場やレジャーの時だけに日焼け止めを塗るのではなく、季節に関係なく紫外線対策をすることで、数年後の美しい肌を作る事が出来るのです

特に紫外線に対しての意識が弱くなりがちな、冬の紫外線対策が重要です。
冬の紫外線は、シミやシワ・たるみの原因となってしまうため、冬でもしっかりと紫外線ケアをしておきましょう。

若作りしている…と痛々しく見られるパターン

若すぎる服装

実際の年齢より少し若い服装をするのは、若く見られるためのポイントです。
ですが、実際の年齢より若すぎる服装をしてしまうと、痛々しい若作りになってしまいます

例えば、40代の人が10代が着るようなミニスカートを穿いていたり、濃いピンク色でフリフリの服を着ていたりすると、正直目も当てられない……と感じてしまいますよね。

服装が若すぎて痛々しいという事になってしまわないためには、実年齢より-5歳ほど若い服装を心がけるようにしましょう。

手抜きメイク

若く見られる方法の項でナチュラルメイクが大事という事を解説しました。
ですが、ここで気を付けたいのが「ナチュラルメイクと手抜きメイクは違う」という事です。

大切なことなのでもう一度言います。

「ナチュラルメイクと手抜きメイクは違います!!」

ナチュラルメイクは、丁寧なベースメイクを基本としたナチュラル感がポイントのメイク。
手抜きメイクは、言葉通りの手を抜いているメイクで、下地を雑に塗っていたり、アイメイクをアイラインだけで済ませてしまっていたりするメイクです。

10代や20代の頃であれば手抜きメイクでも程よいナチュラル感が作れたかも知れません。
でも、30代を超えてシミやシワが目立ち始めている肌では、若いころのような手抜きメイクでは肌の老いを隠すことは出来ません

肌トラブルで年齢を感じさせないためにも、手抜きメイクになってしまわないように注意しましょう。

内面が子供のまま成長していない

これまで痛々しく見られてしまう若作りの見た目について解説してきましたが、内面が子供のままで成長していないのも気を付けたいポイントです。
確かに気持ちが若いという事は、見た目が若く見られる要素として重要です。

ですが、自己中心的な考え方をしている、相手を思いやる気持ちを持たない、など大人として当然の事が出来ていないと痛々しい人だと思われてしまいます。
若く見られることも大切ですが、大人としての内面も磨いていくことで、より魅力的になれるでしょう。

まとめ

この記事では老けて見られるポイント、若く見られるポイント、若く見られるための方法について解説してきました。
若く見られるために大切な事は、ちょっとした事が多いという事が分かってもらえたかと思います。

特に髪型や服装は、週明けからでも気軽に変えられるので、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか?

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする